新学年(9月)に向けた夏の間の予習 新学年準備サマースクール


新学年を前に、多くの親御様から「新学年の前にどのような準備をしておいたらいいのか」とご質問を受けます9月からのスタートダッシュが前期の成績を決めてしまうというのは言い過ぎではありません。

 

【9月から履修するクラスの予習をする】

Math 6, Math 7, Math 8, Math 7/8 Enhanced

昨年から導入されているIntegrated Math Programが新しい学年にも適用されていきます。昨年からの一年間で私も生徒と一緒にCommon Coreの教科書を使ってサポートしていきましたが、極論すると、学校で使っている教科書(College Board Springboard)は全くやり方を説明していません。つまり、新しい概念はクラスルームで先生が説明することが前提になっています。しかしながら、HWはそこから出ますし、テスト勉強もその教科書を使うしかありませんから、クラスルームでの説明が理解できなかった場合は、別に学び直さなくてはならなかったのです。日本語・英語の区別なく、GATEの生徒には概念の説明をしてきました。これは今年からも同じ傾向でしょう。ぜひ夏に先取りして概念を掴んでいただきたいと思います。

 

Math I (Algebra 1/Geometry):まずは英語の表現を学んでおくべきです。Geometryでは特に前期では証明を学びますので、その際には沢山の決まった表現が出てきます。アメリカ人の生徒でも混乱することも多かったので、英語での表現に慣れていない場合は、練習が必要です。

 

Math II/Algebra 2,Pre Cal, Calculusひと月分できれば二ヶ月分の先取りをしておきましょう。学校で新しい概念を習うよりも最初の2ヶ月を復習に使うくらいのペースで勉強しておく必要があります。

 

Science: ElementaryMiddleではPhysical Science, Life Science, Earth Scienceを学ぶことになりますが、やはり苦労するのはScienceの言葉とそれらが何を示しているのか、と言うことの結びつきができにくいことです。夏は時間が取れますので、9月から学ぶScienceの内容を英語とともに理解しておきたいと思います。GATEではわかりやすく理科の概念を説明して広がりを持った勉強をしています。

 

High School Science: Biology, Chemistry, Physicsを履修する場合、Middle Schoolと比較にならないくらい沢山の言葉や概念を学ぶことになりますので、少なくとも1〜2ヶ月分(5〜6Chapter)の予習をしておくほうがよいでしょう。APレベルでは大学の初年度の内容ですし、レギュラーのクラスでも内容はかなり深くなっています。とにかく早めに準備しておくことが大切です。

 

【成績の目標を高く持つ】

成績のことばかりを話をするのはあまり歓迎されないかもしれません。しかし、現地校の成績は毎日の勉強の成果ですから、良い成績を取ることは、本当にお子さんが頑張ったということの証明になるのです。成績は90%以上はAというように絶対評価です。GATEでは「成績が良い」ということが「自分が頑張った」ということの証明だと生徒を激励しながら勉強を進めています。

NEW クラス スタート

小中学生向け

 プログラミング教室

        スタート

 

日本語でプログラミングを楽しく学びませんか

 

詳しくは>>ここ

アーバイン教室

【塾生でないお子様でも、大丈夫】
まだ塾生ではないけれど、緊急にサポートが欲しい。


そんな時には、

Urgent Study Care

(緊急に必要な勉強指導)へ。

「現地校の勉強のご相談コーナー」
 
現地校の勉強でお困りのお子様をお持ちの方。無料でご相談を承っております。
熊野までお電話 (949)636-9092 またはメールで hkumano@gate4math.com  
 
現地校学習塾GATE  

アーバイン教室 

4000 Barranca Pkwy. #250
Irvine, CA 92604

月〜金 午後2〜午後7時

土   午前9時30分〜12時30分

 

現地校学習塾GATE 

ラグナ・ヒルズ教室

誠に勝手ながら、

お休みしております

 

 

お役立ち情報

数学用語集
小学生から高校生まで役に立つ数学用語の日英対照リストです。
数学用語日英対照リスト.pdf
PDFファイル 37.6 KB

Shareをお願いします